自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

環境問題は、私たち人間が避けて通ることのできない問題です。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

環境問題は、私たち人間が避けて通ることのできない問題です・・・ (男性 36歳)

環境問題は、私たち人間が避けて通ることのできない問題です。
地球に優しい取り組みをすることは大切なことです。
エコを意識することは、家計にとってもメリットがある場合があります。
私が人に自慢してもいいと思えるエコ習慣は、会社への通勤に車ではなく自転車を使うことです。
以前は毎日通勤に車を使っていました。
ある時、同僚が自転車通勤を始めたと聞き、私も試しにやってみました。
会社への通勤は片道20キロあります。それを自転車で通勤することはとても大変なことだと思っていました。

しかし、実際やってみると車とは違って景色の見え方が変わり、自然が身近に感じました。
そして、とても楽しいと感じました。
汗をかき疲れもそれなりにありましたが、定期的に自転車通勤をしました。

同僚にその事を言うと、とても驚かれます。20キロの距離を自転車で通うのは、とてもすごいことなのだと誇らしげに感じました。

車を使わないことは、二酸化炭素の排出を抑制するのでエコに貢献できます。毎日とはいきませんが、毎週3回程度行っています。

私はわりと環境問題に対して興味がある方なので・・・ (女性 48歳)

私はわりと環境問題に対して興味がある方なので、自分でできるエコ習慣はずっと続けています。
シャンプーや化粧水、洗濯用洗剤など、詰め替え容器があるものは必ず再利用していますし、一度使って捨ててしまうのはもったいないと感じて、胸が痛むのです。

台所の生ごみやペットの糞尿は、土に埋めて数か月間経つと、園芸用のとても良い肥料になります。化成肥料を使うと土が痩せてしまうし周りの動物たちへの影響も心配なので、自然の堆肥を使うのはとても良いと思います。
電気もなるべく無駄に使わないようにしています。夏、今の日本でクーラーを使わないのは無理だと思うので仕方ありませんが、冬は、極力暖房を使わないよう工夫すると、電気代もとても節約になります。一番良いのは部屋全体を暖める暖房は使わず、自分の足元を直接温める電気毛布を膝掛け代わりに利用することです。
足元が温かいと、こたつと同じで身体全体が暖まりますので、部屋全体を暖める必要はなくなります。電気毛布の電気代はとても安く、丸一日使って一か月数百円だと思います。
これは我ながら、とても良いエコ習慣だと思います。

Copyright (C)2015自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.