自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

人に自慢できるエコは、節水です。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

人に自慢できるエコは、節水です・・・ (女性 35歳)

人に自慢できるエコは、節水です。

たとえばお風呂のお湯の量を夏と冬とで変えています。もちろん、夏はお風呂でなくシャワーだけにするという節水術はよく聞きますが、それでは家族の一日の疲れが取れない気がしているし、やはり夏でもお風呂に入るのが良いそうなので、シャワーだけにするという節水はしていません。ただ浴槽に溜めるお湯の量の設定を、冬は肩までつかれる程度にし、夏は浴槽の三分の一程度のお湯はりを実践しています。
シャンプーするとき、シャワーの水がお湯になるまでの間の水を、ポリバケツに入れておきます。一人がお風呂に入ると、大きなバケツにお水は一杯になります。その水は植物にやったりお手洗いのタンクに入れます。
お風呂の残り湯は洗濯に使い、それでも残ったお湯は、昼間、私だけが家に居る時にトイレで用を足す時に使います。この方法はトイレが詰まった時、バケツに入れた水を勢いよく流すことで改善されるときがあると業者に聞いてから実践しています。トイレ掃除もお風呂の残り湯を使っています。これは東日本大震災の際、節水、節水!で一滴の水も無駄にできない状態になった時から続けています。2011年3月から始めた私の自慢できるエコ習慣です。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.