自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

自慢してもいいと思えるエコ習慣はたくさんあります。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

自慢してもいいと思えるエコ習慣はたくさんあります・・・ (女性 26歳)

自慢してもいいと思えるエコ習慣はたくさんあります。正直朝から晩までエコのことを考えている、といっても過言ではありません。エコを意識するということは、家計の負担を減らすことにもつながると思うため、節約のためにもエコな暮らしを行っています。
使えるものは何でも使う、食材も野菜の皮や葉っぱは普通捨ててしまうと思うのですが、私は料理に使います。皮はだしを取るための材料になりますし、葉っぱは味噌汁やスープの食材になります。
また電気は極力つけずに、月の明かりだけで過ごすことが多いです。
早く寝れば暗くても気になりませんし、最近では太陽の光で充電しておけるソーラーパネルが付いた照明機器がありますので、それも利用して夜の電気代を抑えています。
夏場は窓に緑のカーテンを取り付けていますし、涼しい素材でできた洋服を着るようにしています。エアコンをつける必要がありません。冬場は床に段ボールを敷いて寒さを凌いでいます。これだけ徹底していれば、自慢してもよいのではないでしょうか。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.