自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

時々、将来の地球はどうなってしまうのだろうと心配になることがあります。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

時々、将来の地球はどうなってしまうのだろうと心配になることがあります・・・ (女性 37歳)

時々、将来の地球はどうなってしまうのだろうと心配になることがあります。特に南極などの氷河が溶けて減っていることが、まさに地球温暖化を示しているようで怖くなるのです。
そういうこともあって、エコには非常に興味をもつようになりました。

最近、私がしているエコといえば氷枕と湯たんぽを使うことです。
どちらも昔から使われているものですが、この時代でもとても役だってくれます。最近は100円均一でも湯たんぽのミニが販売されていて、お湯を入れてお布団に入れておけば3時間ほどは温かさが保たれますし、何度でも繰り返し使えるのが良いところです。

そして暑い夏が近づけば、逆に氷まくらをよく使います。わざわざ買わなくてもケーキを買った時などにいただく保冷材を薄いタオルなどに包んで首に巻くだけでもかなり涼しく、冷房を入れなくてもいいです。
もし昔ながらの氷枕があれば、夜も快適に眠れます。
意外とこういう昔ながらの知恵を利用するのは、やってみると楽しいものです。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.