自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣は、「野菜の捨てる部分まで使いきる」ということです。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣は・・・ (女性 33歳)

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣は、「野菜の捨てる部分まで使いきる」ということです。
買った野菜は最後まで使い切りたい、という気持ちが強いです。

大根の葉は必ず油で炒めてお惣菜にしますし、人参や大根などの皮もきんぴらのようにして食べるようにしています。葉物は外側は食べられないことが多いので、シンクを洗ったり、油もので使った食器の余分な油汚れを拭いたりと、なるべく活用してから捨てるようにしています。キャベツの外側の葉でシンクを磨くとピカピカになるので、そのまま捨ててしまっている方にはぜひおすすめしたいです。
洗剤を使わなくていいということもエコにつながりますからね!また、買い物の時には必ずエコバッグを持って行っています。エコバッグを持っている人は最近多く見受けられますよね。もっと広がっていけばうれしいですね。
自分1人が始めても何も変わらないという方がいますが、そんな事はありません!その1人が始めなければ何も変わらないですから。私はなるべくエコな生活を送れるようにこれからも楽しくがんばっていきます。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.