自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

震災後、節電できることはできるだけ行うよう一つ一つ自分の生活習慣を見直しました。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

震災後、節電できることはできるだけ行うよう一つ一つ自分の生活習慣を見直しました・・・ (女性 42歳)

震災後、節電できることはできるだけ行うよう一つ一つ自分の生活習慣を見直しました。
そしていくつかエコ習慣として継続的に行っていることがあります。
その中でも一番がんばっていて自慢できることは、毎食後炊飯器の中に残ったご飯を全て冷凍し、炊飯器の保温機能を一切使わないことです。

我が家は震災前は炊飯器の保温機能を使い、次の食事で新しく炊くときに、お釜の中のご飯を取り出し私がその古いご飯を食べることにしていました。

でも保温され続けたご飯は4、5時間でおいしくなくなりますし、痛んでしまうこともあります。保温するために炊飯器で電気を使い、さらにそれによって痛んだご飯を捨てる羽目になったことも多々あるので、とても不経済だと気づきました。

そこで保温機能は一切使わないで、朝食と夕食1日2回炊いたらその後は余ったご飯はすぐ冷凍することを心がけるようにしました。

これはちょっとした生活の工夫の1つですが、こうした一つ一つの心がけで我が家の電気代はこれまでより10%抑えることができました。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.