自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

節約にもエコにも興味がある私ですが、暑い時期になると、やはり熱中症対策に関心が向きます。

自慢してもいいと思える自分のエコ習慣

節約にもエコにも興味がある私ですが・・・ (女性 40歳)

節約にもエコにも興味がある私ですが、暑い時期になると、やはり熱中症対策に関心が向きます。
我が家には2歳になる息子がいるので熱中症対策はしっかりしたいのですが、冷房をつけっぱなしの環境で過ごさせたくはないのです。
乳幼児って、汗腺が発達する大事な時期でもあるので、あまりエアコンをつけすぎて汗をかかなさすぎるのも良くないんですよね。ある程度汗をかかせて、暑さに慣れさせておくのも大事なのです。
ですから、我が家では日中の気温が33度以上、夜間の気温が30度以上の時以外はエアコンを使っていません。エアコンを極力使わないのはエコになりますし、健康のためにも良いと思います。

でも、暑い物は暑い。そこで、お金をかけずに環境にも優しい方法のエコ習慣で対策をしています。
日中は部屋に入る日差しを和らげるのと、気化熱による涼しさを得るため、洗濯したタオルシーツの脱水をほとんどせずに干しています。夜の間に寝汗をかくので、タオルシーツは毎日洗うのですが、それを日中過ごすリビングの前に、水気たっぷりのまま干すのです。
日差しが強いので、べたべたでも夕方にはしっかり乾くし、部屋に入ってくる風が少し涼しくなるんですよ。
それから、夜寝る時には家族全員アイス枕を愛用しています。アイス枕と扇風機があれば、意外と快適に寝られます。
これらの対策は、他の人に話すとけっこう真似してもらえるので、私にとっては自慢してもいいと思えるエコ習慣です。

Copyright (C)2017自慢してもいいと思える自分のエコ習慣.All rights reserved.